介護

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

誰も私の話も聞いてくれないわ・・

日々介護をしていると、「こういう場合は、どうしたらいいのだろう?」とか、「なんでこうなるのだろう?」とかいろいろ疑問が出てきたりしますね。今の時代だったら、インターネットや書籍の情報が色々あるので何とか調べられるかもしれないですし、日々の経験で分かっていくものもあると思います。

ですが、探しきれなかったり、調べる時間がなかったり、今すぐ知りたいことだったり、また、分かってはいるんだけど誰かに話さずにはいられない被介護者への不満なども出てきますね。あなたはその時どうしていますか?

  • どうせ話したって、聞き流されるだけだし…。
  • 誰が聞いたって面白くない話だから、しない方がいいわ。
  • 親身になって話を聞いてくれる人なんていないんじゃないか。
  • 同じ境遇じゃないと話をしてもつまらない。
  • 誰に話ししたらいいのか分からない。
  • 人に話せる・相談できるような事ではないから。
  • 恥をさらすようで嫌だ。

と思ったりしていませんか? そして結局誰にも話さず、相談できず、不安や不満を自分の中へ押し込んで溜めていませんか?「そんな事無い!」と思っているかもしれませんが、日々の積み重ねはいつの間にか大きくなり、瞬時に解消されるものでもないのです。続いて質問です。

  • 大変なのはあなただけでいいでしょうか?
  • ストレスを発散できる方法を持っていますか?
  • 週に一度くらいは発散できていますか?
  • 被介護者に笑って接することができますか?
  • 最近腹の底から笑ったことがありますか?

もし、この5つの問いの中で2つ即答できないものがあったら、今の考えを少し変えた方がいいかもしれません。今はなんとか我慢ができていても、いつかはその溜め込んだ不安や不満が爆発して、取り返しの付かないことになってしまったり、ある日突然燃え尽きたりしてしまって何もする気力がなくなってしまう日がやってくる可能性があります。あなたがその状態になるのは誰も望んでいないのです。
 

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.