介護

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

こんな集いもあるのですよ

デイサービスセンターや特別養護老人ホーム等、老人施設によりますが、「介護者の集い」というのを設け、年に数回、高齢者を介護している介護者に参加してもらって、不満や悩みの相談を受け付けたり、介護をする上での必要な知識の勉強会を開催したるしているところがあります。

もちろん、その施設を利用している被介護者の介護者が対象となってしまいます。施設を利用する際の判断材料として、その様な集いがあるかどうか確認してから利用するのもいいでしょう。

また、公共機関の相談窓口としては・・・

地域包括支援センター

主任ケアマネージャーや社会福祉士等の専門職の担当者が、高齢者やその家族の総合的な相談に応じてくれます。また、必要な情報提供をしてくれたり、サービスの調整を行ってくれます。

介護予防センター

保健福祉職の担当者が、高齢者やその家族の総合的な相談を受け付けてくれて、訪問等により実態を把握し必要なサービス調整等をしてくれます。

各市町村の高齢者福祉課

高齢者相談窓口といって、高齢者に関わる各種の情報を提供して、相談に応じてくれる窓口があります。

と、簡単に述べましたがこのような機関があるのです。
※公共の機関でも地域により差がありますので、自分の住んでいる市区町村のホームページ等で確認してみると良いでしょう。

それ以外でもNPO法人で独自に高齢者相談窓口を開設しているところがありますし、弁護士が無料で巡回相談している地域もあります

施設に相談するか公共機関等に相談するかはそれぞれの考え方によるので何とも言えませんが、各施設で行っている「介護者」としての集まりの方が、他の介護者の話を色々聞けたりして参考になる事が多いかも知れません。また、被介護者が施設でどの様に過ごしているか等も聞けるので、家に居る時と違った面を聞けるかも知れません

一人で悩み込むと、ほとんどネガティブな考えになってしまいます。積極的に外へ目を向けてみましょう。案外同じ様な事で悩んでいる方が多いですよ。 

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.