介護

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

施設サービス

知っている方も多いかとは思いますが、おさらいの意味も込めて紹介しましょう。金額は仮定のものですので、あくまでも参考・目安として参照して下さい。

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

常時介護が必要な方が対象となります。その方達に、日常生活のお世話、機能訓練、療養上のお世話等を行います。よく「老人ホーム」と言われますが日本の法律上、「老人ホーム」に該当するのは『有料老人ホーム』と『老人福祉施設』との2種類がありますので、ここでの介護老人福祉施設とは『老人福祉施設』に該当します。実際には寝たきり・認知症の方が多く入居されているのが現状ではあります。

~1日当たりの費用~

A県内B施設・・・・・要介護2の場合
要介護度及びサービス利用料金① 7,650円
介護保険からの給付金② 6,885円
サービス利用の際の自己負担金③(①―②) 765円
食事の標準自己負担額④ 780円
日用品費⑤ 250円
自己負担合計額⑥(③+④+⑤) 1,795円
①この中には、機能訓練加算、精神科医加算が含まれています。
⑤タオル類の使用料、ティッシュなどの消耗品、金銭管理費などです。
※入居後30日間に限り、初期加算300円/日が別途かかります。

介護老人保健施設

介護保険施設のひとつでして、病状が安定している方に、家に戻れるように機能訓練や看護・健康管理、日常生活のお世話を行います。基本的には在宅介護が困難な要介護者の方が利用対象とされています。

~1日当たりの費用~

C県D施設・・・・・要介護2 個室利用の場合
サービス利用の際の自己負担金① 800円
食費② 1,380円
居住費(個室)③ 2,000円
日常生活費④ 300円
自己負担合計額⑤(①+②+③+④) 4,480円
①この中には、リハビリテーションマネジメント加算、管理栄養士配置加算などが
含まれています。

指定介護療養型医療施設

病院などでの治療を主に必要とはしないものの、長期的に療養を必要とする方や介護が必要な方に看護や介護、機能訓練を行います。上記2つの施設よりも医療的な依存が高く、治療よりも療養が必要な方が利用することから、施設としては一般的に病院と併設されているところが多いです。

~1日当たりの費用~

E県内F施設・・・・・要介護1の場合
介護保険の利用者負担額① 793円
居住費② 320円
食事代③ 2,020円
自己負担合計額④(①+②+③) 3,133円
※この他にタオルリース代等別途かかります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.