介護

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

日々、変化する状態に

あなたは被介護者が日々変化する状態を把握できていますか?

どんなに病状が安定していたり、または病気にかかっていたりしなくても心身の状態は変化していくものです。「あれ?」と思うことがあったら、すぐ病院にかかったり、周りの人に相談したりしてみましょう。

被介護者は自分の心体の事をよく把握していない場合もありますし、「歳だから・・・」でやり過ごしてしまう事もあります。なんか最近元気がなくなってきたとか、今までしていなかった事をし始めた、急に怒りっぽくなった等でしたら要見守りです。

ただ、あまり変化に敏感過ぎてあれやこれやと騒ぎ立てるのも問題です。この辺の見極めが非常に大切になってきます。もし不安ならば、担当のケアマネージャーや通所している施設の相談員の方などに相談してもいいでしょう。あなたの中の自己判断で「大丈夫だろう」と決めるのは非常に危険なことです。

ある家族の話です。

息子さん夫婦と同居していた被介護者のWさん。以前脳梗塞で一度入院しましたが、幸いな事に後遺症もあまり残らず元気に退院した方で、退院後は週2回デイケアに通っていました。

ある日の事、デイケアの職員が朝迎えに行くとWさんがいつもと違う様子で出てきました。なんだかいつもより口のろれつがまわっていないような感じなのです。職員が「あれ?」と疑問に思って家族の方にその事を話ししましたが、「いや、そうでもない。いつもどおり大丈夫ですよ」と返事をされ、「デイケアは本人も楽しみにしているので連れて行ってあげて下さい」と言われました。Wさんも「大丈夫だから」と車に乗り込んでしまったので、とりあえずそのままデイケアへ行くことになりました。

しかし、職員は朝の様子から不安と胸騒ぎを感じていたので、その日は職員全員でWさんの様子を注意深く見守っていました。すると徐々にWさんの様子が変わり始め、よだれを垂らし始め、失禁をしてしまったのです。これはいつもと様子が違い過ぎると判断した職員は、大急ぎで家族へ連絡して病院に行ったところ・・・軽い脳梗塞でした。

それを知った家族の方は「デイケアへ行っていて良かった。自宅にいたら気が付かなかったかも知れない。」と安堵して話し始めたのです。私達はそれを聞いて、とても寂しい気持ちになりました。

「同居している家族なのに・・・」
「ご主人やお子さんが同じ状態だったら本当に気が付かないのかな?」

気が付かないのではなく、無意識に気が付かないように仕向けていないのか疑問が残りました。あなたはどうですか?

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.