介護

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

介護保険の目的(かいごほけんのもくてき)

介護保険の目的とは、介護を必要とする高齢者を社会全体で支えることに主眼を置いたものです。

介護保険制度は2000(平成12)年4月1日に施行されました。介護保険制度では、被保険者(満40歳以上の者)以外にも、国・都道府県・市町村も費用負担を行うという特徴があります。

40歳以上の国民全てが被保険者になり費用負担を負うという仕組みは、介護保険制度が社会保険方式を採用しているためです。これは「相互扶助(そうごふじょ)」の概念を活かしたもので、被保険者となる国民全員に介護給付の為の負担を課すと同時に、そのサービスの受益も可能であるという理念があります。

同じ社会の中で困難にある人に対して保険料の負担をすることで扶助を行い、また自身が困難にある場合には扶助をしてもらうという理念です。

介護保険制度が導入された背景には、急速に高齢化社会が進み、介護を必要としている高齢者が増えていること、そして少子高齢化によって高齢者の介護を担う若い世代が減少していることなどが挙げられます。

高齢化社会の進行は、介護を行う期間を長期化させ、介護の担い手である若者の減少による「老々介護」を増やす原因にもなっています。介護保険制度は、これらの現状を支援するために導入されたという背景があります。

また、高齢者の社会的入院(医療は必要としていない状態であるが、身寄りがなかったり、家族が介護をできないという理由で入院を希望したりするために、長期的な入院を続ける状態のこと)も社会的に深刻な問題となっていた為、「自宅介護を支援する」「自宅で高齢者が安心して生活できるよう支援する」という目的も含まれていました。

家族で身内の面倒をみるという、従来からの社会の仕組みを取り戻そうという意図や、高齢者の自立を支援するという意図が、介護保険制度には含まれています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.