介護

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

介護報酬(かいごほうしゅう)

介護報酬とは、保険給付の対象となる介護サービスを行っている事業者が、そのサービスを利用者に提供した際に対価として支払われる費用のことです。

介護サービスの提供によって発生する費用は、総額のうち1割が利用者本人から支払われ、残りの9割が介護保険から支払われます。介護保険から支払われる9割の請求先は市区町村で、介護報酬は国が決定した「単位」をもとに計算されます。

介護報酬の「単位」は、診療報酬で言うところの「点数」にあたり、個々のサービス内容とそのサービスの提供時間などによって「何単位」というように定められています。

実際の請求報酬額は、それぞれのサービスに定められた「単位数」に「単価(円)」を乗じて計算されます。この「単価」は、1単位あたり10円を基本としていますが、都市部などの人件費が高い地域(東京23区や横浜市、川崎市、名古屋市など)では、他地域との格差を調整する目的で、1単位あたりの単価にそれぞれの地域別の加算率を加えた単価が設定されています。

また、これと同様に離島などの地域にも加算率が加えられ、1単位あたりの単価が別に設定されています(地域区分)。

介護報酬の単価については、介護福祉士などの国家資格を有するスタッフや、一定年数以上の継続勤務をしているスタッフの配置割合が多い事業所においてや、提供するサービスの質が高い事業所などにおいては評価が上がり、それによって事業所ごとに単価の引き上げが行われています。

これらのことから、同種類のサービス利用であっても、利用する事業所が所在する地域や事業所そのものによって、介護報酬の総額が異なることがあります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.