介護

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

介護サービス計画(かいごさーびすけいかく)

介護サービス計画とは、利用者のニーズに応じた最適なサービスが提供できるように計画される、介護プランのことです。

介護サービス計画は「ケアプラン」とも呼ばれ、ケアマネージャーが中心となってプラン作成を進めます。介護サービス計画は利用者本人が作成することも可能ですが、作成やそれに関わる手続きが煩雑になることから、専門家であるケアマネージャーに依頼することが最適です。

介護サービス計画の作成を依頼する場合、地域にある「指定居宅介護支援事業者」を選び、その事業者にプラン作成を依頼します。

指定居宅介護支援事業者に介護サービス計画を依頼した場合には、その事実を居住する市区町村へ届け出ます。介護サービス計画の作成にかかる費用はその全額が介護保険から給付されますので、自己負担はありません。

介護サービス計画は、利用者に最適なサービスが提供されるための重要なプランです。サービスを利用する本人やその家族の希望を取り入れ、ニーズに即したプランを作成します。

自宅での介護を希望する場合には、ホームヘルパーが訪問して日常の生活援助(入浴や食事介助など)を行う「訪問介護」や、看護師の訪問による「訪問看護」など数種類のサービスがあり、これらのサービスの種類と頻度などを介護サービス計画によって作成します。

また施設でのサービスを希望する場合には、利用しようとする施設に依頼をしてプランを作成してもらいます。

なお介護サービス計画を作成する(介護サービスを受ける)場合には、要介護認定を受けている必要があります。「要支援」以上に認定された場合に在宅サービスを、「要介護」以上に認定された場合に施設サービスを利用することができ、「自立」と判定された場合にはどちらのサービスも利用することはできません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.