介護

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

介護認定審査会(かいごにんていしんさかい)

介護認定審査会とは、被保険者の要介護認定を審査及び判定する組織のことです。

介護認定審査会は、医師、看護師、社会福祉士、精神保健福祉士、保健師などの医療や保健、福祉の専門家で構成されており、市区町村に設置されています。

要介護認定の判定及び認定は、介護保険の被保険者から「要介護認定申請」があった場合に行われます。要介護認定の申請が行われると、介護認定調査員が申請者宅(もしくは入所している施設など)を訪問し、認定に必要な調査を行います。

これと同時に、申請書で指定された被保険者の主治医に「意見書」の提出を依頼し、この医師意見書の一部と介護認定調査員による調査票をもとに、専用のパソコンソフトで判定が行われます(一次判定)。

介護認定審査会は、この一次判定の結果と介護認定調査員によるその他事項(調査票の調査項目以外の特記事項など)、及び主治医による医師意見書をもとに、要介護認定の審査と判定を行います(二次判定)。

介護認定審査会における二次判定では、申請者が要介護または要支援の状態にあるのかどうかを判定し、その状態にあると判定されると、「要支援1・2」「要介護1~5」の範囲判定を行います。

またこのとき、申請者が要支援及び要介護の状態にない場合には「自立」の判定がされます。

介護認定審査会において判定された二次判定結果をもとに、被保険者から申請のあった市町村及び特別区が要介護または要支援の認定を行い、認定通知が発行されます(介護認定審査会において「自立」と判定された場合には、非該当という通知がされます)。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.