介護

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

利用者負担割合(りようしゃふたんわりあい)

利用者負担割合とは、介護保険制度における介護サービスを利用した際に発生した費用のうち、サービス利用者本人が支払う金額の割合のことです。

介護保険制度では、介護サービスが提供された場合に、その費用の総額のうち1割を利用者が自己負担し、残りの9割が介護保険から支払われます。

原則として、サービス利用者の負担割合は総費用の1割ですが、在宅サービスの場合には要介護度に応じて一ヶ月に利用できるサービスの「支給限度額」が設定されており、この限度額を超えての介護サービスの利用があった場合には、その超過分の費用については全額が利用者の自己負担となります。

また施設サービスの利用の場合には、在宅サービスにおける「支給限度額」に相当するものはなく、施設サービスによって発生した総費用(食費・居住費・日常生活費は除く)の1割が自己負担額となります。

在宅サービス及び施設サービスの利用において、一ヶ月のサービスにかかった総費用の1割を利用者が自己負担しますが、このとき、1割の自己負担額が利用者の所得区分によって設定された「上限額」を超えた場合に、その超過分が高額介護サービス費として給付(償還)される措置が取られています(福祉用具購入費や住宅改修費等の1割負担分を除く介護サービスの1割負担分に限る。また、在宅サービスにおいて支給限度額を超えて利用したサービスの自己負担額はこれには含まれない)。

また施設サービスにおいては、生活保護受給者などの所得の低い利用者の、1割の自己負担分に含まれない「食費・居住費」の負担を軽減するために、市区町村への申請によって負担限度額を設定することができます(介護保険負担限度額認定証の交付を受け、施設へ提出)。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.