介護

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

介護給付適用特定疾患(かいごきゅうふてきようとくていしっかん)

介護給付適用特定疾患とは、介護保険の第2号被保険者が介護サービスを受ける場合に、その認定の対象とされている疾患のことです。

介護保険制度においては、65歳以上の第1号被保険者が介護サービスを受ける場合には、要介護認定を申請し、要支援または要介護の認定を受けると介護サービスを利用することが可能です。第1号被保険者においては、要介護認定の申請に特別な要件は設けられておらず、誰でも申請することができます。

しかし40歳~64歳未満の第2号被保険者が介護サービスを受けるためには、要介護の状態を引き起こした原因が、特定の疾患に起因するものであると判断される必要があります。

その特定疾患の種類は厚生労働省によって指定されており、指定されていない疾患(または交通事故など)によって要介護状態となっても、介護保険によるサービスは適用されません。

第2号被保険者が介護サービスの対象となるための特定疾患には、パーキンソン病・初老期における認知症・骨折を伴う骨粗鬆症(こつそしょうしょう)・脳血管疾患・慢性関節リウマチなど数種類の疾患があり、これらの特定疾患が要介護状態の直接的な原因か否かが診断されます。

第2号被保険者の要介護認定においても、第1号被保険者の場合と同じく、介護認定調査員による訪問調査が行われ、その調査結果と医師意見書による判定をもとに介護認定審査会が審査及び判定を行い、市区町村が要介護(支援)認定を行います。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.