介護

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

要介護1(ようかいごいち)

要介護1とは、要介護認定において認定される要介護度区分のうちのひとつで、介護を必要としている状態ではあるが、その状態が最も軽い状態と認められた区分のことです。

介護保険制度においては、被保険者が要介護認定を受けたい場合、要介護認定申請書を市区町村に提出します。要介護認定では、認定の結果を要支援1・2及び要介護の5段階の何れかに区分しており、要介護1は「介護を必要としている状態だが、その状態が最も軽い」と認定されている区分です。

要支援1及び2では、その介護サービス内容を「介護予防サービス」と位置づけますが、要介護1以上の要介護認定の区分では、利用者の必要とする介護内容を給付することを目的としており、そのサービスによる利用者の問題解決を図るものとしています。

要介護1以上の認定を受けると、在宅における訪問介護などの在宅サービスを始め、施設サービスを受けることが可能となります。施設サービスは要介護1以上の認定が必要で、要支援の認定を受けている被保険者は利用することができません。

要介護1の区分で認定のもととなる要介護者の状態には、身の回りの世話や日常の生活動作及び行動に何らかの支えが必要であったり、社会生活における問題行動があったりなど初期の認知症が疑われるような状態が対象とされています。

要介護者が普段の生活を送る上で困難があることに対し、その問題や課題を解決するために介護サービスが提供されます。

要介護1の場合では、サービスの内容やその提供手法によっては高齢者の状態改善を促すこともできるため、症状や介護の重度化を防ぐ目的でもサービスが提供されています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.