介護

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

要介護5(ようかいごご)

要介護5とは、要介護認定において認定される要介護度区分のうちのひとつで、最重度の介護が必要とされる、要介護認定においては最も介護が必要とされている区分です。

要介護5は、日常生活の全般において自分一人ではほぼ何もできないという状態です。

身体的な能力の低下が著しく、何らかの疾患のために体に麻痺があったり、視力や聴力などがほとんどなかったりなどが原因で自身では普段の生活行動を行えず、ほぼ全てのことにおいて介護が必要となる状態です。

起き上がりや歩行、両足での立位などが自身で行えず、また寝返りなども打てない状態で、動作が複雑になる片足での立位や浴槽の出入りなども出来ない状態とされています。

また排泄や食事摂取なども自身では行えず、全面的な介助を必要とします。また認知症も進んでいることが考えられ、意思の疎通が相当に困難となり、高齢者自身が物事を理解して行動することも難しくなります。

要介護5は、介護を必要とする状態が最も重いことから、身体的・精神的な全ての面において介助が必要となります。寝たきりであるという状態の高齢者も少なくない為、入浴や食事摂取などの生活に必要な介護を含め、全てを家族が行うことは難しくなります。

要介護5では、在宅で利用できる訪問サービスを最大限に利用できるので、在宅での介護を希望する場合には、家族の負担を減らすための、また高齢者にとって最適なサービスとなるような介護サービス計画を立てます。

また施設サービスの利用も可能ですので、より手厚い介護や看護を希望する場合には、施設への入所も考えることができます。

高齢者にとっても家族にとっても穏やかで安心した生活を送ることができるよう、介護保険制度が今後も更に発展することが望まれます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.