介護

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

夜間対応型訪問介護(やかんたいおうがたほうもんかいご)

夜間対応型訪問介護とは、ホームヘルパーなどによる、夜間の定期的な巡回型の介護サービスのことです。

夜間対応型訪問介護は、平成18年4月の介護保険制度改正の際に新たに加えられたサービスです。

夜間対応型訪問介護は、要介護認定において要介護1以上の認定を受けた被保険者が利用することができます。夜間対応型訪問介護は、その利用対象者を要介護状態が中程度以上、独居の高齢者、高齢者のみの世帯などを想定して設けられたサービスです。ただしこれらに該当しない高齢者でも、要介護1以上の認定を受けている被保険者であれば、誰でも利用は可能です。

介護を必要とする高齢者で、その要介護状態が中程度以上とされている利用者や、自宅に介護を行える家族がいない高齢者などにとっては、夜間の時間帯を過ごすことに不安を覚えることもあります。

夜間に急に体調が悪くなったり、転倒をしたりなどといった場合、すぐに助けを求めることも難しくなります。また生活上で必要な動作は夜間でも発生するため、排泄の介助やおむつの交換、また寝たきりの高齢者にとっては寝返りを行う必要もあります。

昼夜を問わずに介護を必要とする高齢者や、夜間の時間帯に不安を覚える高齢者のために、定期的な巡回訪問を行っています。

また、夜間対応型訪問介護では、定期巡回を行う以外にも利用者からの要請があった場合に随時訪問するサービスもあります。

急な体調不良や転倒して動けない場合などの緊急時に、利用者からの呼び出しに応えて訪問を行います。この「随時訪問サービス」を受けるには専用の端末が必要となり、この端末を居宅内に設置し、緊急時などにオペレーターへの通信を行うことで利用が可能となります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.