介護

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

訪問入浴介護(ほうもんにゅうよくかいご)

訪問入浴介護とは、利用者宅の浴槽では高齢者の入浴または入浴介助を行うことが困難な場合に、専用の浴槽の持ち込みによって入浴介助を行うサービスのことです。

訪問入浴介護では、専用の浴槽を持ち込んでの入浴介助サービスを行います。寝たきりの高齢者などの場合には、自宅の浴室への移動自体が困難となるため、居室において入浴ができるよう、浴槽を持ち込んで入浴を行います。

訪問入浴介護において利用される浴槽は、入浴が困難な利用者にも入りやすい設計がされているため、安心して介助を受けることが可能です。

訪問入浴介護は通常、看護師一名、介護職員二名によって行われます。高齢者にとっては入浴時に受ける身体的負担が大きいため、入浴の前後で看護師による体温や血圧などの測定を行う必要があります。

ただし、入浴によって利用者の体に異常が起こらないと主治医が判断している場合には、看護師の付き添いは不要で、介護職員二名による入浴介助が可能となります。

入浴は高齢者にとって様々な効果があり、身体を清潔に保つことで利用者の精神的な安定を得ることや、感染症や皮膚疾患の予防などにも繋がります。移動が困難な高齢者や、家族による入浴介助が困難な場合にも、訪問入浴介護の利用によって自宅においての入浴が可能となります。

訪問入浴介護サービスの利用対象者は、要介護認定において要支援1・2、要介護の5段階の何れかに認定されている被保険者で、要支援の認定者の場合は「介護予防訪問入浴」、要介護の認定者の場合には「訪問入浴介護」という位置づけになっており、サービスの利用には、主治医による事前の許可が必要となります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.