介護

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

訪問看護(ほうもんかんご)

訪問看護とは、介護保険制度における居宅介護サービスのひとつで、看護師や保健師などが利用者の自宅へ訪問し、医療的支援を行うことです。

訪問看護サービスでは、何らかの疾患を持つ高齢者に対して医療的行為を行い、日常生活上で必要となる助言や援助を、医療の立場から行います。

医療的な行為としては、体温・脈拍・血圧測定から始まり、カテーテル(尿道、心臓など)の交換・管理、在宅酸素の管理、人口肛門などの管理を行います。

日常生活で必要となる援助としては、寝たきり予防のための助言や支援、感染症予防のための入浴介助や清拭(せいしき)、高血圧や糖尿病など、日常生活における行動が影響を及ぼす疾患を持つ高齢者には食生活のアドバイスを行い、認知症を患っている高齢者に対しては精神的な安定のための助言や支援などが行われます。

また様々な疾患のための数種類に及ぶ服薬が難しくなる高齢者には、服薬の管理なども行います。訪問看護は、訪問を行う看護師や保健師が、サービス利用者の主治医と連携して医療行為や援助を行います。

自宅での療養や闘病生活を送っている高齢者のために、健康状態の観察や生活に必要となる介助などを医療的な側面から行うことで、高齢者の心身の安定を図っています。

なお訪問看護は、介護保険による給付以外にも医療保険からの給付もあります。要介護認定を受けている被保険者でも、訪問看護の目的が難病や末期ガンなどのケアの場合には、医療保険からの給付対象となります。従って、この場合には介護保険の給付対象とはなりません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.