介護

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

訪問リハビリ(ほうもんりはびり)

訪問リハビリとは、何らかの疾患が原因で身体的・精神的な障害を持つ高齢者に対して、その機能の回復を目的に行われる在宅でのリハビリテーションサービスのことです。

介護保険による訪問リハビリは、脳卒中やパーキンソン病などの疾患や、骨折などの怪我が原因で身体に障害があるときに、その機能を回復するためや身体的な苦痛を減らすことなどを目的として行われます。

訪問リハビリは、疾患や怪我が原因で身体の自由が利かず、リハビリのための定期的な通院が困難な場合や、病院への付き添い者がいない場合などに利用されます。

訪問リハビリでは、何らかの疾患によって生じる身体的な苦痛(しびれなど)を軽減するためのマッサージや、歩行やその他の身体的活動に困難を来している利用者のために、その機能回復を目的としてリハビリが行われます。

訪問リハビリでは、専門のスタッフが訪問をしてリハビリを行うため、通院にかかる時間を節約し、通院による身体的な負担も軽減することができます。

またこれらの理由以外にも、訪問リハビリの利用には「高齢者が暮らす環境で日常動作訓練が行えること」という利点もあります。

リハビリ行為自体は、身体の運動機能を回復させるために行うものですが、その機能訓練を「実際に利用する場所」で行う訪問リハビリは、病院などにおいてのリハビリよりもより効果があると考えられます。

高齢者自身が暮らす環境で、ベッドからの立ち上がりや居室とリビングルームの行き来、お手洗いへの移動など、利用者自身が暮らす環境においての活動は、その後の生活にも大きく影響します。

高齢者が自宅で自立した生活を送ることができるよう、生活環境に即したリハビリサービスを提供していると言うことができます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.