介護

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

認知症対応型通所介護(にんちしょうたいおうがたつうしょかいご)

認知症対応型通所介護とは、要介護認定を受けた介護保険の被保険者で、認知症と診断されている要介護者に対し、食事や入浴などの介護、機能訓練などを提供する通所型の介護サービスのことです。

認知症対応型通所介護では、認知症と診断されている要介護者に対して、その精神的・身体的症状に即した介護サービスを提供しています。

要介護者に対する介護では、専門的な知識も必要とする場合があります。特に認知症を患っている要介護者の場合、身体的な介護だけではなく、精神的な面のケアも必要となります。

要介護者が望むことを把握し、そのニーズに応えるには、専門のスタッフによるケアが必要となる場合もあります。

認知症対応型通所介護では、要介護者が認知症を患っているということに焦点を当てた介護やサービス提供を行うことで、利用者の心身機能の向上を目指しています。

要介護者の状態に即した食事・入浴介護などを行い、レクリエーションなどによって心身に適度な刺激を与えることは、認知症の進行を予防することにも繋がります。

また、看護師や理学療法士などによる専門的な医療・保健サービスの提供は、認知症ケアのひとつとして有効であると言うことができます。

同居の家族だけでは要介護者のニーズに応えることが難しい場合なども、このサービスを利用することで、要介護者、家族双方の精神的負担を減らすことにも繋がります。認知症対応型通所介護サービスは、認知症を持つ要介護者が、自宅でより快適な生活を送ることができることを目標としてサービスを提供しています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.