介護

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

特定施設入居者生活介護(とくていしせつにゅうきょしゃせいかつかいご)

特定施設入居者生活介護とは、有料老人ホームや軽費老人ホームなどの特定施設に入居している高齢者に対し、その施設内において食事・入浴・排泄などの日常生活上の介護や、機能訓練などのサービスを提供することです。

介護保険による特定施設入居者生活介護のサービスは、要介護認定において要支援または要介護の認定を受けた介護保険の被保険者が利用することができます。

特定施設として認定されている有料老人ホームや軽費老人ホームとは、高齢者を対象とした住居で、有料老人ホームは食事などのサービスが提供され、軽費老人ホームはその類型によって食事提供がされるか、自炊によって生活を送るとされている施設です。

特定施設入居者生活介護では、要介護者個々に対する介護サービス計画をもとに、食事・入浴・排泄などの日常生活上の介護を行ったり、身体機能の維持や回復などのためのリハビリテーション提供をしたりしています。

特定施設に入居する高齢者は、何らかの事情によって家族と同居できなかったり、身寄りがなかったりするため、生活全般における不安などの解消のために、スタッフによる相談援助や、医療機関との連携による健康管理、療養に必要となるケアなどの提供もされています。

また、同施設内の他の入居者と合同で行うレクリエーションなど、施設ごとに計画されるイベントなどもあり、それらに参加することもできます。

特定施設入居者生活介護は、高齢者が入居している施設においてのサービス提供をしていますが、外部の事業所において利用者が介護サービスを受けることも可能となっています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.