介護

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

小規模多機能型居宅介護(しょうきぼたきのうがたきょたくかいご)

小規模多機能型居宅介護とは、要介護認定を受けた要介護者が、必要に応じて「通い」「宿泊」「訪問」という三種類のサービスを利用することのできる介護サービスのことです。

小規模多機能型居宅介護は、その名が示すとおり「多機能型」であり、単一のサービスではなく、三種類の異なったサービスを提供しています。

小規模多機能型居宅介護で提供されるサービスの基本理念は、要介護者が自宅で生活を送ることができるように支援をすることにあります。

居宅サービスのひとつである小規模多機能型居宅介護は、要介護者の自宅生活におけるニーズを満たし、自宅での生活をより安心して充実したものとできるよう、柔軟なサービス提供を行っています。

小規模多機能型居宅介護の最大の特徴は、三種類のサービスによって「要介護者を24時間365日、常に介護する」状態に置くことです。

要介護者は、事業所に「通う」ことで食事や入浴などの介護、機能訓練などを受けることができ、必要なときにはそのまま「宿泊」することが可能です。

これによって、要介護者が事業所を訪れたときから帰宅するまで、途切れることなく担当スタッフによる介護などを受けることができます。

また「通い」や「宿泊」が何らかの事情でできなくなった際には、担当のスタッフが自宅へ「訪問」してサービスの提供を行います。

どのサービスも同じスタッフが担当するため、要介護者にとっては安心してサービスを利用することができます。

自宅での生活を望む要介護者にとっては、住み慣れた地域にある事業所で、常に同じスタッフによる介護を受けることができ、また通えない際には訪問によるケアを受けることもできるため、自宅での生活をより安心して送ることができるようになります。

柔軟なサービス形態で、高齢者のニーズに常に応えることのできる居宅サービスと言えます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.