介護

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

認知症対応型共同生活介護(にんちしょうたいおうがたきょうどうせいかつかいご

認知症対応型共同生活介護とは、要介護認定を受け認知症と診断されている要介護者が、施設における共同生活において、食事や入浴、排泄などの介護及び日常生活上の世話や機能訓練などの介護サービスを提供されるものです。

認知症対応型共同生活介護は、一般的に「グループホーム」と呼ばれており、指定地域密着型サービスに分類されています。

認知症対応型共同生活介護では、認知症の診断を受けている要介護者が共同で生活を送ることで、地域住民との交流を図ることも目的としています。

認知症対応型共同生活介護では、認知症と診断された要介護者の日常生活の支援も行います。食事摂取や入浴、排泄の介助など、残存する身体的な機能に応じて要介護者の介護を行い、自立した日常生活を送ることができるよう援助を行っています。

また寝たきりにならないよう、機能訓練などによって要介護者の低下した身体機能の回復や、保持している機能を維持することも行われています。

認知症を患うと、精神的なストレスから日常生活動作を行うことや、日常の活動を拒否することもあり得ます。

精神面でのケアも行いながら、身体機能の維持や回復を促し、他の利用者との交流を図ることで、要介護者が自立した生活を送ることができるよう援助する介護サービスです。

なお認知症対応型共同生活介護は、認知症の症状やその原因となる疾患が急性期にある要介護者や、認知症による精神状態が著しく悪化している状態にある要介護者は利用することはできません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.