介護

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

短期入所生活介護(たんきにゅうしょせいかつかいご)

短期入所生活介護とは、同居する家族による要介護者への介護が一時的に困難になった場合に、要介護者を短期間施設へ入所させ、日常生活上の世話や介護、機能訓練などを行う介護サービスのことです。

短期入所生活介護は、一般的に「ショートステイ」と呼ばれているものです。同居する家族の体調不良や旅行などで、一時的に要介護者の介護を行うことができない場合などに利用され、利用の対象は、要介護認定において要支援または要介護と認定されている介護保険の被保険者です。

提供されるサービスは、要介護者が必要とする食事・入浴・排泄などの介護や、日常生活上で必要となる世話や機能訓練などで、介護施設において通常提供されているサービスと同様のものとなります。

短期入所生活介護の主たる目的は、一時的な介護困難な状況を支援することにありますが、短期の入所によって専門的な看護や介護を受けることで、要介護者の心身の健康確認や管理などを行うことも可能です。

また、普段外出が難しい要介護者にとっては、自宅とは異なった環境の中での生活が、身体的にも精神的にも良い刺激となることもあります。他人と触れ合うことで社会的な交流も生まれ、孤立感や不安感の緩和にも繋がります。

また要介護者自身にとってだけではなく、介護を行う家族にとっても、介護の負担を軽減できるというメリットがあります。普段出かけることが難しい旅行をすることで、介護を行う家族の心身のリフレッシュにもなります。

短期入所生活介護の利用は、要介護者にとっても介護を行う家族にとっても多くのメリットを得られるものと言うことができます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.