介護

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

福祉用具貸与(ふくしようぐたいよ)

福祉用具貸与とは、要介護認定を受けている介護保険の被保険者が、居宅での生活をより安全に快適にするために、必要となる補助・援助器具を借りることのできる、介護保険によるサービスのひとつです。

貸与される福祉用具には、車椅子や杖、歩行器、スロープなどの、移動を安全にかつスムーズに行うことができるようにする用具や、電動ベッドなどの寝台用具、床ずれを予防するためのクッションなど、12種類の貸与用具があります。

福祉用具貸与は、要介護認定において要支援1・2及び要介護の5段階の何れかの認定を受けている被保険者が利用することができ、低下した身体機能を補う目的や、残存する身体機能を維持する目的などで利用されます。

高齢者の身体的機能は、使わない状態にしておくことでより衰退していくことから、要支援1・2や、要介護1・2などの、要介護の状態がそれほど高くない高齢者にとっては、自身の身体機能を維持し、また改善するためにも福祉用具の適切な利用が望まれます。

例えば居室からお手洗いへ移動するために、杖やスロープなどがあれば自身での移動が可能であるときなどに、移動のための補助用具として利用します。

補助用具がないことで、移動や歩行が困難な状態にあった利用者にとっては、その機能を回復するための適切な用具となります。

また独居の高齢者や高齢者のみの世帯にとっても、福祉用具の利用は自身による移動に、より安心感を持つことができます。高齢者が自立した生活を送るための補助として、福祉用具の貸与が行われています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.