介護

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ヘルパー3級(へるぱーさんきゅう)

ヘルパー3級とは、要介護者に対して家事援助を行うことができる資格です。

ヘルパー3級の資格を取得するためには、ホームヘルプサービスを提供するにあたって必要となる基礎的な知識を習得することが義務づけられています。

講義25時間・実技17時間・実習8時間という研修内容で構成され、講義では社会福祉の制度及びサービスに関する知識や、ホームヘルプサービスに関する知識などを学び、実技では介護技術の基礎などを学び、実習では在宅サービスの提供現場を見学します。

ヘルパー3級は、これらの講義内容を受講することで資格取得が可能です。ヘルパー3級は「ホームヘルパー資格の入門編」とも言える資格ですが、その業務内容が「家事援助のみ」と限定されているため、介護の仕事を行う上での需要は少ないと言えます。

直接的な身体介護などが行えないことから、居宅介護や施設介護サービスにおいて、介護スタッフとして必要とされる技術及び資格としてはニーズが低く、3級資格を介護業務上で活かすことを目的とした講座を実施する学校も少なくなっています。

このことから、ヘルパー3級取得のための講座は、家族に要介護者がいる人のための介護基礎入門講座としての役割が大きくなっており、居宅介護を家族が行う際の基本的な知識習得の場と認識されることが多くなっています。

現状では、介護サービスを提供するための資格としてはヘルパー2級以上が必要とされていますが、要介護者を抱える家族にとっては、今後の居宅介護における基礎知識を学ぶことができるため、講座の受講は有益と言えます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.