介護

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

管理栄養士(かんりえいようし)

管理栄養士とは、傷病などによって療養を行う人に対してその生活に必要な栄養の指導を行ったり、個々の身体状況や栄養状態に即して、必要となる専門技術や知識を用いて栄養指導を行ったりする、栄養指導の従事者です。

管理栄養士は、病院や各種福祉施設、市区町村の保健センターや学校などでその業務を行っています。

管理栄養士は、特別養護老人ホームや介護老人保健施設などの介護保険施設に配置が義務づけられており、介護サービスに関わる業務として、入所者の栄養管理や健康の保持及び増進のために、献立の作成や調理業務に対する助言や指導、並びに管理業務などを行っています。

管理栄養士は、食事管理と栄養管理について、総合的なケアと管理業務を行っていると言えます。管理栄養士は、食に関する専門家という立場でその業務を行い、療養を行っている人や高齢者などに対して、食の面からその健康増進と維持を図ります。

高齢者の場合には、加齢とともに栄養バランスやカロリーコントロール、塩分摂取などの管理に配慮が必要となるため、高齢者の健康維持のための管理栄養士の役割は、非常に重要なものと言えます。

また疾病などによって障害がある場合には、個々人の身体状況や栄養状態も異なるため、施設において療養を行う高齢者には個々に応じた栄養管理が行われます。

管理栄養士の免許を取得するためには、栄養士の免許を有した上で管理栄養士国家試験を受験する必要があります。

栄養士の免許を取得するためには、栄養士養成施設を卒業、もしくは管理栄養士養成施設を卒業後に試験を受けて合格する必要があります。

その後、管理栄養士の免許を取得するためには、栄養士養成施設を卒業している場合には実務経験を必要とし、管理栄養士養成施設を卒業している場合には実務経験の必要はなく、国家試験を受験することが可能となります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.