介護

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

介護福祉士(かいごふくしし)

介護福祉士とは、身体上もしくは精神上に何らかの障害があり、それらの障害によって日常生活を送るのに支障のある人に対して、介護を行ったり、介護に関する指導を行ったりすることを職務としている人のことです。

介護福祉士は、「社会福祉士及び介護福祉士法」によって位置づけられた国家資格で、ケアワーカーと呼ばれることもあります。

介護福祉士は、主に老人福祉施設や身体障害者施設などでの介護業務や介護に関する指導などを行いますが、在宅で生活をしている要介護者に対し、居宅介護のサービス提供をすることも可能です。

介護福祉士の資格取得方法は、平成22年現在で「厚生労働大臣の指定する介護福祉士養成施設を卒業して登録名簿に登録」もしくは「介護の実務経験を3年以上積んだのちに国家試験に合格、登録名簿に登録」のどちらかです。

介護養成施設には二種類あり、高校卒業後に2年以上、もしくは福祉系の大学や専門学校を卒業後に1年以上の学びを修了後、介護福祉士の資格取得が可能となります。

また国家試験を受ける場合には、実務経験3年以上の他に、福祉系の高校を卒業後に試験を受けることも可能です。

なお平成23年度より資格取得方法が変更される予定で、その方法は国家試験のみとなり、何れの課程で単位履修を行ったり、介護の経験を有していたりしても、資格取得には国家試験の受験が必要となります。

また介護福祉士として職務に就く場合、介護福祉士の国家試験合格後に、財団法人社会福祉振興・試験センターに名簿登録を行う必要があります。試験に合格していても名簿登録を行っていない場合には、介護福祉士を名乗ることはできません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.