介護

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

社会福祉士(しゃかいふくしし)

社会福祉士とは、身体上または精神上の障害や、環境上の理由などが原因で日常生活を営むことに支障がある人に対して助言や指導を行ったり、福祉・保健サービスなどを提供する者や施設との連携を図りながら援助を行ったりする、福祉業務に携わる人のうちで、国家資格を得ている人のことです。

社会福祉士は「社会福祉士及び介護福祉士法」によって位置づけられた国家資格で、ソーシャルワーカーと呼ばれることもあります。社会福祉士は「名称独占」の資格であるため、資格を有していない者がこれを名乗ることはできません。

また医師などの「業務独占」の資格ではないため、福祉業務に携わるために必ず必要となる資格ではありませんが、福祉職の専門家として雇用時に要求されることが多くなっています。

社会福祉士は、社会福祉全般をその活動領域としており、主に社会福祉事務所、児童相談所、老人福祉施設、また地方自治体の福祉職として相談援助業務に携わっています。

なお近年では、社会や時代変化のニーズとともに、教育などの分野においても活動の幅を広げています。

社会福祉士の国家資格を得るためには「受験資格」が必要となります。受験資格を得るための条件として、

・四年制の福祉系の大学または学部において指定科目を履修

・三年制の短大で指定科目を履修、相談援助の実務経験を1年以上

・二年制の短大で指定科目を履修、相談援助の実務経験を2年以上

・短期養成施設または一般養成施設を卒業していること(養成施設への入学条件あり)

などがあります。

またこれらの学歴及び実務経験に当てはまらない人で、児童福祉司や身体障害者福祉司などの実務経験が5年以上ある人の場合には、平成25年実施(予定)の試験まで受験が可能となっています。

社会福祉士は福祉の専門家として、介護サービス全般に関わる相談や、高齢者やその家族への相談援助を幅広く行っており、市区町村や福祉事務所、老人福祉施設など、様々な場所でその業務を行っています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.