介護

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

言語聴覚士(げんごちょうかくし)

言語聴覚士とは、言語機能や聴覚などの、言葉によるコミュニケーションに必要となる機能に障害のある人に対して、その機能の回復や維持を目的として訓練や助言、指導などを行うことを職務とする人で、国家資格を得ている人のことです。

言語聴覚士は国家資格であり、受験資格を得るためには言語聴覚士養成校として指定されている大学や専門学校などで学ぶか、指定科目を履修できる大学などでの単位取得が必要となります。

言語聴覚士は、言語によるコミュニケーションに障害のある人に対してその機能の回復のための援助を行います。

言語コミュニケーションで必要となるものには、言語、聴覚、発声・発音などの機能がありますが、これらを、病気やケガ、事故などによって失ったり損なったりすることがあります。

言語によるコミュニケーションが困難になると、日常生活において人とのコミュニケーションを図る際に支障が生じます。言語聴覚士は、これらの言語コミュニケーション上に必要となる機能の損傷によって、社会生活に支障を来している人を対象に言語機能の訓練を行い、その機能の向上や維持を図ります。

言語機能の損傷は、子どもから高齢者まで、様々な年齢層で起こりうると考えられます。高齢者においても、脳卒中やパーキンソン病などが原因で、発話するために必要な機能に障害を来すこともあります。それまで問題なく利用できていた「言葉によるコミュニケーション」がスムーズにできないことは、高齢者にとっても大きなストレスとなります。

また食事摂取に障害がある場合にも、言語聴覚士による専門的な支援が行われます。このため、高齢者が病気や加齢などによって食事摂取に困難が生じているケースに対応するためにも、介護サービスにおける言語聴覚士の役割は更に大きくなっています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.