介護

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

作業療法士(さぎょうりょうほうし)

作業療法士とは、身体上または精神上の障害がある人が主体的な生活を送ることができるよう、必要な諸機能の回復やその機能の維持を図ることを目的に作業療法を行う人のことで、その国家資格を持つ人を指します。

作業療法では、人が生活を営む上で日常必要となる動作や活動を、それぞれが主体的に行えることを目的として、能力や動作、社会に適応するために必要とされる能力を回復したり、また開発したりするために様々な訓練や指導、助言を行います。

また作業療法は、加齢によって低下した身体能力を回復するためにも有効とされており、高齢者に対しても実施されています。

作業療法では、工芸や手芸、絵画や音楽、ゲームなどを通じて、利用者の日常動作の訓練や開発を促し、自立した日常生活や社会生活を送ることを目標としていますが、作業療法には目的別に、機能的作業療法・日常生活行為訓練・心理的作業療法・職業前作業療法などがあります。

機能的作業療法では、障害などによって麻痺が残る手指の動作訓練などを行い、日常生活行為訓練では、食事や排泄、歩行などの日常生活上で必要となる動作の訓練・練習が行われます。

また心理的作業療法では、障害によって生じた精神的な傷やストレスを緩和し、能力回復への意欲を引き出したり維持させたりすることで作業をスムーズに進めることを目的とし、職業前作業療法では、社会(職場)復帰に向けた訓練を行っています。

作業療法士の資格を得るためには、養成施設を卒業し、国家試験を受験することが必要で、作業療法士はその業務を、老人保健施設や障害者施設、リハビリテーションセンターなどで行っています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.