介護

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

理学療法士(りがくりょうほうし)

理学療法士とは、病気やケガなどのために身体的に障害を来している人に対して、その運動機能や動作能力の回復を図るためのリハビリテーションを行う専門家のことです。

病気やケガ、また加齢によって障害を生じたり身体機能が低下したりした場合には、日常生活に支障が生じます。

リハビリテーションには、医学的リハビリテーションや社会的リハビリテーションなどの領域がありますが、理学療法の分野では、筋力やバランス能力の回復を図る「運動療法」や、温熱や電気的な刺激を用いて痛みを取り除いたり、循環を良くしたりするための「物理療法」、日常生活に必要な、歩行・立ち上がり・衣服の着脱などの動作訓練を繰り返し行う「日常生活動作訓練」などがあり、低下した運動機能や動作能力の回復のためのリハビリテーションが行われています。

またリハビリテーションの目的として、低下した能力の回復を図る以外にも、障害が残った場合にはその状態に即した行動訓練や、日常生活を送る上での助言なども行っています。

理学療法士が活躍する場は、病院や老人福祉施設、身体障害者施設、養護学校、スポーツ関連施設などと幅広くなっており、それぞれの施設などにおいて必要とされるリハビリテーションを行っています。

また近年では、「障害予防」という観点から、子どもから高齢者に至るまで、幅広い層に対してのケアや訓練も行っています。

理学療法士の資格を得るためには、養成学校を卒業し、国家試験に合格することが必要となります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.