介護

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

保健師(ほけんし)

保健師とは、健康な生活を送るための疾病予防や健康増進などを目標に、地域において健康相談や健康教育などを行う、保健及び健康指導の専門家です。

保健師は主に、市区町村の保健課や福祉課、地域の保健所や保健センターなどに所属し、その地域住民に対しての保健指導を行っています。

地域に密着した活動を行うことで、その地域で暮らす住民に対してより密接な指導を行うことが可能であると同時に、健康の面から地域全体の状態や動向を把握することも可能です。

保健師は、家庭訪問や健康教室、健康相談などを通して、地域住民に対する健康増進の指導や助言を行います。健康・保健指導は、子どもから高齢者まで幅広い層を対象に行われ、世代ごとに適切な指導や助言を行い、住民の生活環境や職場環境なども考え合わせて行われます。

特に高齢者に対する保健・健康指導の場合には、「介護予防」という観点や、要介護状態になってもその状態を少しでも改善する目的から、介護保険制度の開始後、その需要は更に高まっています。

介護保険による居宅サービスでは、訪問看護における保健師の家庭訪問により、利用者やその家族に対しての保健・健康に関する指導や助言を行っています。保健師は、今後更に高齢化社会が進むと予想される中で、より重要な役割を担う専門家としてそのニーズが高まっていくと考えられています。

保健師は国家資格であるため、試験に合格することが必要となります。保健師の国家試験受験のためには、保健師学校や看護大学などを卒業する必要がありますが、保健師の免許を受けるためには、看護師の国家試験に合格していることが必要となります。

従って、保健師の国家試験に合格しても、看護師の国家試験に合格していない場合には、保健師の免許を取得することはできません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.