介護

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

薬剤師(やくざいし)

薬剤師とは、薬剤師法によって規定された国家資格で、医師の処方箋に基づいて薬を処方したり、医薬品の調剤や管理などを行ったりする、薬に関する専門家です。

薬剤師は主に、処方箋薬局などでの医薬品の管理や処方箋に基づいた投薬などを行っていますが、医師による処方箋を必要としない、一般に市販薬と呼ばれている医薬品や漢方薬などの場合は、患者の症状に合わせて単独で処方することが可能です。

また調剤は薬剤師のみが行うことができるとされており、これは薬剤師の独占業務と言うことができます。この他薬剤師は、医薬品メーカーや化粧品メーカー、教育機関などでもその業務を行っており、活動の幅は広いと言えます。

薬剤師の担う役割のひとつとして、高齢者に対する服薬指導や管理など、介護保険制度のスタート以前からその需要は非常に高いものでした。高齢者の多くは加齢のために複数の薬を処方されることも少なくはなく、それぞれの持つ効能や副作用など、薬に関する相談や適切な服薬の仕方などについての助言や指導を行ってきました。

高齢化社会の進行により、介護保険制度スタート後にも更にその役割は重要なものとなり、様々な介護サービスに関わるようになっています。介護保険制度における薬剤師の役割は、高齢者への服薬指導やその管理など、従来から行われていたことも含めて更に幅を広げています。

介護サービスを利用するにあたり、利用者やその家族からの相談などを受けるサービスも始まっており、「在宅介護相談薬局」や「介護保険まちかど相談所」などとして認定されている薬局にて行われています。

薬剤師の免許を取得するためには国家試験に合格することが必要であり、大学において薬学の課程を修めることで受験資格を得ることが一般的です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.