介護

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ケアクラーク(けあくらーく)

ケアクラークとは、介護保険制度において、介護保険事務を行う専門職のことです。

介護保険制度では、利用者が介護サービスを利用した際にはその費用が発生します。

ケアクラークは、介護サービスにかかる費用である「介護報酬」を請求する事務を行い、介護サービスを提供する施設や事業所などにおいてその業務を行っています。

またケアクラークは、ケアマネージャーの作成する介護サービス計画がスムーズに進むように、関係する機関や施設などとの連絡調整を行ったり、書類などの作成を行ったりして、ケアマネージャーのサポート的な役割も担っています。

この他にも、介護保険の利用者やその家族へ、介護サービスの内容やその利用方法などを説明し、利用者や家族が安心して介護サービスを受けることができるよう対応をすることもあります。

このため、ケアクラークにはコミュニケーション能力や社会福祉及び介護についての広い知識も要求されます。

ケアクラークは、ヘルパーなどの介護スタッフとは違い事務的な作業を中心に行いますが、直接的な介護以外の面から、利用者とその家族を支援する仕事と言えます。

ケアクラークの資格を取得するには、財団法人日本医療教育財団の行う「ケアクラーク技能認定試験」に合格する必要があります。

この技能試験を受験するためには、(財)日本医療教育財団の認定する教育機関において、教育訓練ガイドラインに沿った教育課程を履修しているか、介護事務職としての経験が6ヶ月以上あるかのどちらかが必要となります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.