介護

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

特殊寝台(とくしゅしんだい)

特殊寝台とは、起き上がりや立ち上がりなどを補助するための機能を備えたベッドで、介護保険制度において貸与される福祉用具のひとつです。

特殊寝台は、高齢者などの要介護者が、ベッド上での起き上がりやベッドから立ち上がる際の動作を補助し、要介護者が自身でその動作を行えることを支援すると同時に、介護を行う者の負担を軽減したり、ケガを回避したりすることを目的としています。

特殊寝台は、一般に電動ベッドや介護ベッドなどと呼ばれるもので、その機能を可能にしているものはベッドの床板部にあり、床板の可動によって要介護者の動作を補助しています。

特殊寝台の背部や脚部は、電動または手動のハンドルによって傾斜をつけることが可能で、要介護者の起き上がりなどの動作補助を行います。

またベッドの高さ調節も可能で、ベッドからの立ち上がりなどをよりスムーズに行うための補助的役割を果たしています。

現在では、電動で操作を行えるものが主流となっており、要介護者自身が自分の意に沿った操作をリモコンで行うことが可能です。

また特殊寝台は、サイドレールが取り付けてあるものか、サイドレールを取り付けることが可能であるかのどちらかのものとされています。

サイドレールは、ベッドからの落下を防ぐものであり、ベッドを使用する要介護者の安全性を確保するものです。

なお要支援1、2及び要介護1の認定を受けている要介護者は、特殊寝台の貸与には要件に適合するかどうかの判断が市区町村によって行われます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.