介護

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

歩行補助杖(ほこうほじょづえ)

歩行補助杖とは、歩行に困難のある要介護者の歩行を補助したり、歩行能力を改善したりするためのもので、介護保険における福祉用具貸与によってレンタルできるものです。

歩行補助杖は、歩行時における脚への体重負担を軽減し、歩行機能や能力の維持及び改善を目指すためなどに用いられます。

歩行補助杖には様々な種類があり、介護保険の給付対象となっているものには、松葉杖・T字型杖・ロフストランドクラッチ・四点杖などがあります。

ロフストランドクラッチとは、杖上部に腕を固定する「カフ」と呼ばれる構造のものが備えられており、その下部に手で握ることのできるグリップが付いている杖のことです。

また四点杖とは多脚杖とも呼ばれ、多くは杖の支点が四本に分かれているもので、杖の頂点にあるグリップを握ることで体を支えます。

歩行補助杖は軽金属製やアルミ製などで設計されており、重量は軽めのものとなっています。

それぞれの歩行補助杖には、使用方法や歩行時のサポート度合などに違いがあるため、要介護者の歩行機能の残存具合や身体状態などの違いにより、どのタイプの杖が適しているのかにも違いが出てきます。また要介護者の身長や体格も様々ですので、試用などを行った上での選定が必要となります。

歩行補助杖は、歩行機能の改善や維持、歩行時の補助を目的としているため、その使用が想定される要介護者の状態像に区別はないものとされています。

従って、要支援から要介護の何れの要介護状態区分にあっても使用は限定されません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.