介護

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

歩行器(ほこうき)

歩行器とは、歩行に困難のある要介護者の歩行を補い、その構造が使用者の体重を支えることが可能となっている歩行補助用具のことで、介護サービスにおける福祉用具貸与の対象とされているものです。

歩行器はその機能を、主に屋内で使用することを目的としているもので、サイズも屋内使用のため比較的コンパクトになっています。

歩行器は、その前部及び左右に、手で握ることのできるグリップや肘を載せることのできるフレームを有する車輪つきのものか、前部または左右のグリップやフレームなどを持ち上げて移動することができる、四脚型のものかに大別されます。

歩行器は屋内での使用を想定しているものであるため、その設計はコンパクトで軽量のものとなっています。また折りたたむこともできるタイプもあり、収納の際にも便利になっています。

また屋内での使用を目的としているために車輪が小さく設計されており、屋外のフラットではないような場所での使用には安定性が保てないため適していません。

高齢者は、自身の体重を前かがみになって支える特徴があるため、歩行器や杖などの使用は歩行時の大きな支援になります。

歩行器は、杖では体重の支えに不安のある際に用いられますが、歩行機能を有している要介護者が使用することで、脚の筋力や歩行機能の維持及び改善を促すこともできます。

歩行器は、要介護者の身長などによってサイズ展開されているものもあるため、体格に適した使用しやすいものを選ぶことができます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.