介護

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

認知症老人徘徊感知機器(にんちしょうろうじんはいかいかんちきき)

認知症老人徘徊感知機器とは、認知症を持つ要介護者が、屋外へ出ようとしたときなどにセンサーでその行動を感知し、家族などへ通報するシステムを持つ機器のことです。

認知症老人徘徊感知機器には数種類のものがあり、設置するタイプのものとしては、玄関やベッドサイドなどに設置し、重量がかかるとアラーム音などが鳴るシートセンサータイプのものや、家の出入り口などに設置し、通行人によって作動する赤外線などのセンサータイプがあります。

これ以外に、要介護者の身に付けるものとして小型発信機があり、発信機より電波を送ることで、要介護者の居場所を探索することが可能です。

認知症の症状のひとつである「徘徊」は、要介護者の不安定な精神状態などから起こることがあります。

自宅に家族がいない際に外出してしまったり、寂しさや懐かしさなどから行きつけの場所へ外出してしまったりなどということがあり、外に出て迷子になることも多くあります。

行方不明や事故などを避けるためにも要介護者の行動を把握することが必要となりますが、外出を防ぐために、一時も離れずに要介護者に付き添うことには困難があります。

このようなときのために、認知症老人徘徊感知機器を利用し、要介護者の外出を未然に防ぐことが可能となります。

また徘徊感知機器には呼び出しを行えるタイプのものもあり、要介護者が持つ発信機から受信機へ、緊急時や必要に応じての呼び出しを行うことが可能です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.