介護

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

腰掛便座(こしかけべんざ)

腰掛便座とは、立ったり座ったりする動作に困難のある要介護者が、トイレにおける排泄を可能にするために用いられる用具です。

腰掛便座は、要介護者がトイレでの排泄を行うことを目的に使用されます。歩行などには問題がなくトイレへの移動は可能であっても、立ち上がりや座る動作に困難があると、トイレでの排泄が難しくなります。

本来の排泄場所であるトイレにおける排泄は、要介護者の尊厳を保つためにも重要な要素となります。要介護者の日常生活を支援し、また人としての本来の生活を維持するための用具と言うことができます。

腰掛便座には、和式トイレの上にかぶせ、洋式トイレのような腰掛け式に変換させるものや、洋式トイレの便座上に置いて高さを調節するもの、便座からの立ち上がりを、電動式またはスプリング式などによって補助するもの、移動可能なポータブルトイレなどがあります。

なお便座からの立ち上がりや便座への腰掛けを補助するために、電動タイプの「昇降便座」も販売されており、これは便座部分が電動によって昇降します。

垂直の動作だけではなく傾斜などもつけられることから、立ち上がりや腰掛けの動作がより行いやすくなっています。

また電動式のため、ボタン操作によって要介護者が任意の高さや角度に便座位置を設定することができるため、自身の身体状態や体格などに合わせて操作が可能です。

なお腰掛便座は、その用途が「貸与になじまないもの」とされている用具であるため、介護保険におけるレンタルの対象用具ではなく、特定福祉用具販売の対象用具とされています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.