介護

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

浴室すのこ(よくしつすのこ)

浴室すのことは、浴室の洗い場に設置して使用するもので、脱衣所と浴室の段差を解消するためのものです。

浴室すのこは、特定福祉用具販売の対象用具とされており、購入して使用する用具です。

歩行に困難のある要介護者の場合、わずかな段差でも転倒する危険性が十分に考えられます。浴室の出入り口にある段差もそのひとつであり、また特に浴室などのような湿気・水分の多い場所では滑りやすくもなります。浴室すのこは、これら転倒の原因となる危険性を解消するために用いられます。

また浴室すのこの役割として、洗い場に設置して底面を高くすることにより、浴槽の縁までの高さを低くする効果もあります。これによって、要介護者の浴槽の出入りが容易になります。

浴槽に高さがあるために自力での出入りが難しかった場合など、要介護者によっては介助を要さずに出入りが可能になることもあります。また介護者によって介助が行われている場合には、介護者の負担軽減にも繋がります。

この他、シャワーキャリーなどの浴室用の車椅子を利用する場合にも、浴室すのこによって出入り口の段差が解消されていれば、要介護者を車椅子に乗せたまま浴室内へ移動させることが可能となります。

また浴室すのこには滑り止め加工が施されたものもあり、より安全な入浴や入浴介助を行うことができます。この他、防カビ仕様のものや、板が分割されているものもあり、浴室内及びすのこの清掃を行う際には利便性があると言えます。

浴室内すのこは既製品として販売されているものもありますが、分割されたすのこを敷きたい場合や、既製品では浴室の広さに合わない場合などには、オーダーメイドで購入することも可能です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.