介護

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

バスボード(ばすぼーど)

バスボードとは、浴槽の出入りを容易にするための入浴補助用具のことで、介護保険の支給対象として購入可能な福祉用具です。

バスボードは、浴槽の両端に板を渡して使用します。バスボードの片端には手すりがついており、この手すり側を浴槽の出入り側とは逆に向け、浴槽の左右の縁に板の端をかけることで固定します。

バスボードは、浴槽の縁をまたいで出入りすることに困難や不安のある要介護者のために使用されたり、介護者が要介護者を浴槽に入れる介助が難しかったりする場合などに使用されます。

バスボードの使用方法は、浴槽の出入り口側に渡されている板の端に、浴槽を背にする形で腰掛け、ボード上の手すりにつかまりながら体を浴槽に向かって回転させ、浴槽内へ入ります。

また浴槽から出る際にも、ボードに腰掛けた状態で足を浴槽の外へ出すこともできるため、浴槽の縁をまたぐことに不安がある場合には有効です。

またバスボードには、腰掛ける板の一端に回転板がついたものや、座面がスライドするものなどもあり、これらの機能によって、よりスムーズな浴槽の出入りが可能となっています。

バスボードは、要介護者が自力で浴槽の出入りを行うことを可能にするものでもあり、設置も簡単なため、要介護者の身体機能を回復したり維持したりするためにも有益なものです。

また介護者の介助負担を軽減すると同時に、要介護者の転倒リスクなども防ぐ効果があります。

またバスボードを使用する際に、洗い場の底面を高くするための安定した台や、高さのあるすのこなどを併用することによって、バスボードへの腰掛け動作をより安全に、そして容易にすることも可能です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.